重鉄の邸宅

光と風に満ちた、自由で伸びやかな空間。
上質なインテリアで過ごす、豊かな時間。

開放感と強靭さを兼ね備えた重鉄構造が
暮らしに安らぎをもたらし、かけがえのない日常を守り抜く。

邸宅は、強さから生まれる。

contact
へーベルハウス
電話番号  03-6899-3110

荒川圭史

「なんだか心地いい、という皮膚感覚を住まいの形にすること」   設計やデザインは、どうしても目から入ってくる情報が多くなるものです。もちろん住まいづくりにおいて、見た目の美しさは追求します。でも、私が本当に大事にしているのは「五感」。特に触覚、つまり皮膚感覚ですね。「この空間にいると、なんだか心地いい」という感覚。それを実現するための方策を考え抜くことが、私の設計思想です。どこから、どのように光が入ってくるのかを検証したり、周辺環境を調べたりする中で、得られた情報が重なり合い、ひとつの解となって現れる瞬間。そのときに新たなプランが生み出されます。

海老沢陽平

「外からくる“いいもの”を、室内デザインとやさしく融合させる」   設計においてのこだわりは2点。ひとつは周辺環境にしっかりと配慮した住まいをつくること。そしてもうひとつは、光と風をいかに取り込むかということです。暮らしにとって、いいものも悪いものも、すべて外から入ってくると考えています。その中で、いかにいいものだけを取捨選択していくかというところに力点を置き、設計をしています。いくら室内のデザイン性を追求しても、外部環境とマッチしていないと気持ちのいい家にはなりません。外部環境との関係性を考え抜くことが、設計のすべてではないか。私は、そう考えています。