Design & Material

KAMISM 唐紙

紙 + ism = KAMISM その名に込められた伝統文化・和紙への想い

住友林業「立川モデルハウス」では、随所に吉祥文様をあしらい、住空間の中で日本の四季の素晴らしさ、心地よさが感じられる工夫がなされている。その暮らしに彩りを添えてくれているのが唐紙だ。KAMISM株式会社の職人の手によって生まれた伝統美である。「和紙を、現代人のライフスタイルに合ったデザインで、 生活を豊かにする空間演出のお手伝いをしたい」。それがKAMISMのポリシー。日本古来の技法を用い、時代の流れ、トレンド、空気感をデザインに採り入れていく。その融合が織りなす逸品は、人の心に豊かさ、懐かしさ、日本人であることの喜びをもたらしてくれるのだ。同社では、職人の手で何度も色彩を塗り重ね、手加工でしか表現することのできない光や見る角度によって微妙に異なる味わい深い表情をつくりだしていくが、その一方で日本文化・伝統技法を大事にしながらも、常に新しい技法・商品研究にも余念がない。KAMISMでは、そんな新たな可能性を発見するために、工房ショップ「KAMISM Lab.」を開設。ここではプロダクト開発はもちろんのこと、一般の方を対象としたワークショップも開催されているので、一度足を運んでみてはいかがだろう。