Concept
「施主さまと一緒に創りあげた和モダンの住まい」

元々この住まいの発想のベースにあるのは、母の実家の記憶でした。数寄屋門があって、土間があって、中庭があって…。それを現代風にアレンジし、和モダンの空間を創りました。要所要所に段差をつくることで、空間に意味を持たせる。そして、それぞれの空間をゆるやかにつないでいく。空間の全体構成は私の提案ですが、施主さまのお好みも数多く取り入れています。土間や壁に使った石などは、施主さまと一緒に石材店まで足を運んで選んだのですよ。そういう点では、この住まいは施主さまとの『共同作品』なのです。
Designer
三枝 秀樹
kobori 研築工房/SxL
北名古屋支店
「正解」を決めるのは建築家ではない。決めるのはそこに住まわれる方々なんです。

建築家としてのポリシーの中心を「顧客満足」に置いている。建築家の「主張」は二の次だと思う。施主様のご要望を優先し、その中で自分の感性を出していくこと。「正解」を決めるのは、建築家ではなく施主様だと思っている。