Concept
光、風、緑の癒しと家族の気配。自然と暮らす住まい。 光に満ちたアトリウム。自然の息吹を満喫できるデッキ、テラス、アウトリビング。 “間”を設けながら空間を縦横に連続させるプランニングは、面積以上の開放感と心地よい距離感をつくり出し、光と風と家族の気配を伝えあいます。 自然を取り入れ、自然を活かす。五感への心地よさを育む「自然と暮らす住まい」です。
Designer
小山 信行
kobori 研築工房/SxL
小堀の住まい設計工房
「施主さまが言葉で表現されるのはごく一部。大切なのは、言葉に出てこない「真の思い」をどれだけ読み取れるかです。」

建築家としていつも心がけているのは、施主様の「真の思い」を読み取るということ。
建築のアマチュアである施主様が言葉で表現できるのは、思いのごく一部にすぎない。だから、プロはそこから深く掘り下げて「真の思い」を読み取らなければならないと思う。
戦後、日本の建築は大切なものを置き去りにしてきた。四季の風情。世代を超えて人々が継承してきた様々な文化。
それらを大事にして、次の世代につないでいくこと。日本に住んで日本で家を建てる建築家の責任はそこにある。