Concept
周辺は映画にもなった阪急電車の沿線を中心とし、甲山森林公園、貯水池、河川やキャンパス等のたくさんの邸宅が残る閑静な住宅地が広がっている。敷地には長い年月をかけて育った多くの木が建物を包み込んでおり、最初に庭を拝見した時も道路に伸びたあざやかなソメイヨシノが満開で、とても心が和んだのを覚えている。これらの木を見おろすように母屋と蔵が建っており、隣地側に別棟がある。計画はこの別棟を新たに、庭の木と共存させることがテーマである。
クライアントは、条件として木は出来るだけ残す事、建物はデッキを持つ山荘風で大きなものは不要、主寝室は1階に設置、新しい素材は好みではないという事を言われた。幾度となく庭を拝見する中で、枝垂桜、紅葉、ユキヤナギ、松がバランスよくつながっておりこれらを中心とした風景軸に建物が溶け込むようにできないかと考えた。
庭全体を取込むため、屋根のラインを低く押え、視線が自然と奥へ向かうように平屋的イメージを持たせ将来的には木が家をおおい隠すイメージで植込み位置を決めた。また母屋側、隣地側に残した両サイドの木々に加え、庭へ抜ける部分にも奥深く露地空間を貫入させ、アプローチをとり、庭への目線と共に光りや風の通りにもしている。この風景への軸が「LDK棟」と「寝室棟」を分離した、またそれらを雁行させることで庭木が適度な距離感を持ち、様々な方向から見えるようになった。
内と外を曖昧にする意味でガラス板をはめ込み、木製サッシでアルミ素材を払拭し、庭を水平にパノラマ化させた。寝室は遮光建具を開放する事で一気に空間が変化する。大きな吹き抜けを通し、空が背景に松の木が正面に入り、その全貌を垂直に見上げる事が出来る。さらに階段を上がった2階からはライトアップされた枝垂桜を上から堪能する場にもなっている。
アプローチに新たに植樹したモミジ、カエデ、ヤマボウシに葉がつき始め、庭の木々や桜の花から顔を出す建物の風景は1年前と大きく変わったはずであるが、それほど違和感がないのは時代を経て生き続けるものを大切に残し、素材にこだわられたクライアントの想いに他ならない。
Designer
阪本 好史
kobori 研築工房/SxL
小堀の住まい設計工房
毎回毎回、敷地も、お客様も違う。毎回「今度が一番難しい」と思いながらやってます。

入社から半年間、来る日も来る日も、測量へ行かされた。何枚も何枚も、測量図を描いた。半年経って、上司が言った。「やっとまともな図面が描けるようになったな。設計やらせたるわ」。
あれは貴重な経験だったと思っている。自分で敷地を見る目が養えた、と。建築家の仕事は、「人生の楽しみ」。もともと飽き性なのだが、この仕事だけは決して飽きることがない。なぜならば、敷地も、お客さまも、毎回毎回ちがうからだ。だから、毎回毎回「今度がいちばん難しい」と思いながら、図面と格闘している。