深い軒の出の緩やかな寄棟屋根と水平ラインで格調高くデザイン。
Concept
古都京都の街並みに調和する伝統的なプレーリースタイルの邸宅

大地に溶け込むような安定感のある佇まい。レンガスタイルの外壁に、木製の5連窓が印象的な美しさを醸し出します。
高さを抑えた光天井の玄関ホールは、吹抜けのサロンへとつながり、天井高の変化をダイナミックに演出。伝統様式を基本とした暖炉のあるリビングには、モダンな家具を溶けこませて、時代や流行に左右されないインテリアデザインを提案しています。
大理石や天然木など、自然のぬくもりを感じさせる本物の素材をふんだんに使用し、ステンドグラスや室内造作は細部のデティールまでこだわりました。