敷地延長の長いアプローチで、庭をより印象的に体験させる。
Concept
旧家の記憶をいかしながら、モダンテイストと融合させる建替えである。来客が多く、もてなす空間としての長いアプローチ、格式的なエントランス、客間、囲炉裏の間に先代の想いが詰まった庭や造作材を散りばめた。プライベートスペースはクライアントご自身が好きなラグジュアリーモダンなテイストで統一。その中間領域としてのLDKは、「OLD」と「NEW」の調和を意識した空間をデザインしている。
Designer
前田 康憲
CDO/ミサワホーム
本部
シンプルを究め、余計なものをそぎ落としていく「引き算の美学」。