無駄なデザインを排除し、素材そのものが持つ厚み、深みを最大限に活かせるディテールに徹したLDKスペース。
Concept
快適で、楽しく暮らせる住まいを創ること。クライアントからのオーダーはシンプルであった。最初の打ち合わせで「うたた寝してしまうような心地よい空間っていいね」と思いを共有。 設計をスタートした。
無駄なデザインを排除したシンプルな空間に、ぬくもりを演出するパーツを付加していく。漆喰壁、チーク材、木端積みレンガ、造作家具それぞれを面で構成し、素材そのものがもつ厚みや深みを最大限にいかすディテールを追求。
シンプルでありながら、重厚感のある住まいに仕上げることが出来た。