1枚1枚の色が微妙に異なるアンティークタイルが深みのある表情を見せる。
Concept
ファサードは、建物の圧迫感を抑えるために、手前を低く、奥を高くする2段構造。 モノトーンのコンクリートとぬくもりのあるアンティークタイルでコントラストを描いた。 シャープな水平ラインを強調するフォルムである。 建物内部は、エントランス・ゲストハウスのパブリックと、LDK・寝室といったプライベートを分けサロン・中庭という中間領域でつなぐ設計としている。
Designer
前田 康憲
CDO/ミサワホーム
本部
シンプルを究め、余計なものをそぎ落としていく「引き算の美学」。