Concept
都心の邸宅街にありながらも、日常の喧騒を離れて別荘のように暮らせる家である。
静けさを演出するため、クライアントにご提案したキーワードは「抽象化」。
ファサードは、箱を重ねたようにシンプル&シンボリックな構成で、幾何学的なツートンとした。
家の外と内に連続性をもたせ、外部空間を建築化。塀が建物に、庭がインテリアになる。
隣家の庭を借景とするリビングの大きな窓や、外壁内側の中庭などが、
視線を家の内から外に導いてストレスを感じさせない。心から開放的に過ごせる住まいとなった。