シンボルツリーがデッキテラスとリビングに涼しい木陰をつくる。
Concept
南北の緑豊かな自然とのシークエンス(連続性)を実現するに当たり、東西に細長く建物を配置した。中央部の南北に大きな開口部を設け、その空間を吹抜け空間としている。南側の開口部は、フルオープン出来るようにして外部のウッドデッキ部分もリビングの一部として取込めるようになっている。
アプローチ道路のある北側のファサードはレンガを1層分積んだ上にレッドシダーの木製ルーバーとして、適度に外部からの視線を遮蔽している。夜はそれぞれの材料に計画的にあけられた隙間から光がこぼれ、暖かい表情を作っている。
Designer
前田 康憲
CDO/ミサワホーム
本部
シンプルを究め、余計なものをそぎ落としていく「引き算の美学」。